シックスパッドは効かない?効果ない?実際のところを調べてみた

Pocket

クリスチアーノロナウドのような腹筋が欲しい
できるだけ楽して痩せたい
シックスパッドが本当に使えるのかどうか気になる

 

 

シックスパッドはサッカー選手のクリスチアーノロナウドがCMをしている商品なので一度は見たことがあるかと思います。

 

EMSという存在に疑いの目を向けつつも、クリスチアーノロナウドが広告塔になっているということで気にはなるといったところでしょうか?

 

シックスパッドに限らず、EMS関係の商品はかなりの数が世に出ていますので、そのあたりも含めて検証していきたいと思います。

そもそもシックスパッドとは何ぞや?

シックスパッドはクリスチアーノロナウドが出演しているCMで『お腹に貼っておくだけで腹筋が鍛えられる』と宣伝されている商品です。

 

シックスパッドに限らず、電気刺激で筋肉を鍛えようというEMS関係の商品はかなりの数が世に出ています。

EMSの値段は安いモノだと数千円ですが、高いものだと15万円以上もするものもあります。

 

シックスパッドの場合は、Abs Fit2(腹筋に貼るやつ)が25800円+税。Body Fit2(腕とか足とかにも貼れる)が19800円+税となっています。

 

両方買うと5万円弱くらいになりますが、シックスパッドのイメージとしては腹筋に貼るタイプのAbs Fit2が主流でしょう。

 

25800円+税を高いと考えるか、安いと考えるかはどの程度の効果を期待しているかでも変わってくると思います。

シックスパッドって効果あるの?

シックスパッドを3か月使い続けたからといってクリスチアーノロナウドの腹筋は手に入りませんが、付けないよりは付けていた方がダイエットのプラスにはなります。

 

シックスパッドを使い終わった後は筋肉痛になる程度には刺激がありますし、筋肉の量は代謝にも関係してくるので、筋肉を鍛えるに越したことはありません。

 

ただ、お腹に脂肪が付き過ぎている人がこれを使ってもあまり効果はないと思います。

単純に、筋肉まで電気刺激が届かないからです。

 

『最近、ちょっとたるんできたかな』程度の人が引き締め目的で使うくらいがちょうどいいんじゃないでしょうか?

少なくとも、シックスパッドさえ巻いていればダイエットなんて必要ない!という類(たぐい)の商品ではありません。

 

人間の腹筋は元々6つに割れているものですのでお腹の脂肪が少なければ6つに割れているのが確認できますし、脂肪が多ければ分からなくなるそれだけです。

このシックスパッドはお腹の脂肪を燃焼させる系統の機械ではなく、あくまで腹筋を鍛えるための機械だということは頭に入れておいた方がいいでしょう。

シックスパッドは維持費がバカにならない

シックスパッドの大きなデメリットとしてランニングコストの高さが挙げられます。

具体的にいうとジェルシートが高いんです。

 

機械と肌の間にジェルシートというものを貼る必要があるんですが、頻繁に使う場合はすぐにヘタってしまいます。

 

公式HPで購入すると1セット(6枚)3800円ですが、つけっぱなしに近いくらいの利用頻度だと2週間くらいでダメになります。

 

使用頻度が低ければそれだけジェルシートは持ちますが、使用頻度が落ちれば腹筋を鍛えられる度合いも低くなりますよね。

 

普通に使う分には1か月に1セット(月3800円)程度がランニングコストの目安になります。

 

ですので、「月3800円程度の満足度がシックスパッドにある」と感じる人は使い続けますが、「あんまり効果がないな」と感じる人はシックスパッドを使うのを辞めてしまいます。

Amazonで安いジェルシートを購入するという選択肢もある

公式HPからだと6枚で3800円ですが、Amazonで安いものを探せば60枚入りで1000円くらいで購入できます。

シックスパッド用として発売されているものと比較すると大きさや薄さなどが違う(そもそもシックスパッド用ではない)というマイナスポイントはありますが、シックスパッドを使い倒したい人にとってジェルシートの数を稼げる点は大きなメリットになります。

 

『本家のジェルシートよりヘタるのは早いけど、そこは枚数でカバー』という発想ですね。

 

ランニングコストを下げれば下げるだけ、シックスパッドを継続して使い続けやすい環境になりますので、選択肢の一つとしてはアリだと思います。

 

また、シックスパッド専用のジェルシート(6枚入り)がAmazonで3800円→1万円以上に値上げされていたことも過去にありました。

 

ジェルシート6枚で1万円以上は流石にあり得ない価格設定ですし、そういう意味不明な出費を避けるためにも選択肢はいくつかあるに越したことはないと思います。

最初の交換は純正品のを方を買った方が無難だとは思いますが。。。

シックスパッドには類似商品が多い

ヤフオクで『シックスパッド』と検索窓に打ち込んでみると、シックスパッドと同じような形状をした3000円しないくらいのEMSの類似商品が山のようにヒットします。

『ホントはクリスチアーノロナウドがCMしてるシックスパッドが欲しかったけど3万円弱は出したくない。似たような商品が3000円弱で買えてラッキー』と考える人もいるでしょう。

逆に、その程度の金額で商品として成立してしまう『同業他社のEMSとシックスパッドは何がどう違うんだ?』という疑問も出てくるかと思います。

本家のシックスパッドも『これさえ付けていれば3か月後には誰でもクリスチアーノロナウドのような腹筋になる』というような商品ではなく、付けないよりは付けていた方がプラスになるというくらいのものです。

 

典型的なメタボリックシンドロームな人が3か月間、一日8時間くらいシックスパッドを装着していても、標準体型になるかと言われればならないと思います。

 

3か月間ライザップなどのプライベートジムに通うのであれば標準体型とまではいかないにしても、その期間の努力に応じた減量は実感できると思いますが。

 

費用対効果で考えて、あなたにとってどれだけプラスなのかということはよく考えて欲しいと思いますね。

シックスパッドは効かない?効果ない?まとめ

シックスパッドという商品には一定の効果があります。

 

腹部の脂肪を燃焼させることが目的のダイエットマシーンではなく、あくまで腹筋を鍛える機械ですが、腹筋を鍛えられれば代謝がアップしてダイエットに関しても間接的なプラス作用が出てくるからです。

シックスパッドを巻いているだけでメタボ体型な人がクリスチアーノロナウドのような理想的な体型になるわけではありませんが、筋肉を鍛えるということはダイエットをするうえでプラスのことだとジャッジせざるを得ないんです。

 

テレビ番組を見ながらシックスパッドを巻いているだけでメタボに関する悩みをすべて解消できるに越したことはないと思います。

 

でも、クリスチアーノロナウドは彼自身の体型をキープするために、摂取する食品に関してかなり大きなルールを設けていますし、クリスチアーノロナウドはトップアスリートとして活躍できるだけの若さを持っています。

40代になったクリスチアーノロナウドが今の腹筋に近い状態をキープできているのであれば、シックスパッドを利用する意味が出てくると思います。

 

逆に、クリスチアーノロナウドが現役引退直後にお腹が出てきたら、この商品は意味のない商品なのだなと思いますね。

 

未来のことに関しては誰にも分らないことなので、このくらいのジャッジでいいんじゃないかと思います。

 

現状におけるダイエットに関する一番のプロフェッショナルはパーソナルジムです。

2か月なり3か月で20万、30万という費用を要求しているのはそれに対応するサービスを提供しているからこそです。

 

短期的な視点で見ると20万、30万という金額は高額だと感じますが、

①ダイエットに成功した場合のメリット

②ダイエットしないでメタボな状態を放置した場合の将来的なデメリット

メリットとデメリットを長期的な視点で考えてみると、メタボを解消しておいて損はないと思いますね。

 

パーソナルジム以上に効果的な解決方法を見いだせないのであれば、コストはかかりますがそれに賭けてみるのも人生の選択肢としてありだと思います。

痩せるという効果に対して、数か月で何十万円もの費用を請求していて、CMもバンバンやっている有名企業なわけですから相当な責任が常に発生しています。

 

そういう状況でも右肩上がりでどんどん成長しているライザップのような企業は、私個人の価値観では信頼に値するパートナーだと思いますよ(^^)

ライザップでダイエットを頑張ってみる
(30日間無条件全額返金保証)


 

【24/7 ワークアウト】でダイエットを頑張ってみる


 

 

託児所付きのエススリーでダイエットを頑張ってみる

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です