ライザップのビフォーアフターは大丈夫?改正医療法でビフォーアフターが原則禁止に!

Pocket

ライザップのビフォーアフターって大袈裟じゃない?
改正医療法とは何ぞや?
ライザップの過去の改善例

 

 

改正医療法により美容整形などにおける施術前と後の写真公開が厚生労働省の方針により、原則禁止という流れになりつつあります

 

確かに、施術前と施術後の写真で別人を用いていたり、誇大広告と判断されても仕方ないやり方をしているよろしくない業者が増えてきているということでしょう。

 

今回は、改正医療法とともにビフォーアフターの意義について調査していこうと思います。

ライザップのビフォーアフターって大袈裟じゃない?

どうやったら最も効果的に見えるかということは相当考えられてつくられているとは思いますね。

 

ライザップのCMではゲインロス効果という手法が使われています。

ゲインロス効果という言葉は聞いたことがない人の方が多いと思いますが、得るものと失うものの差が大きいほどガッツリ変化してるように見えるということです

 

ゲインが得る、ロスが失うですね。

 

『ブーブッブー、ブーブッブー』という音楽と一緒に出てくるときはお腹が出ていて、とても表情や姿勢が悪いです。

 

それが、『パーパッパパ、パパパッパパ~』という音楽になると自信に満ちた表情でスリムになって姿勢も良くなります。

このゲインロス効果の問題は『ちょっと太ってるくらいの人でもお腹を引っ込めたら特にダイエットしてなくてもそれっぽく見える』ということです。

 

この点については、私も引っかかるところがありましたが、芸能人の松村さんくらい明らかに大きな減量に成功しているケースは問題ないと思いますね。

改正医療法とは何ぞや?ライザップにも関係ある?

そもそも厚生労働省が改正療法でビフォーアフターの写真公開等を原則禁止しようと考えるようになった背景として、プチ整形脂肪吸引といった分野でのトラブルが多発していたということがあります

 

 

悪質な業者はビフォーアフターの写真を加工したり、別人のものを使用していたりとやりたい放題だったということもあり、そこを規制しようということになったわけです。

 

誇大広告を規制していこうという流れは、美容分野でありがちな『今なら〇万円~』と宣伝しておいて実際は数十万円請求されるというような広告を規制しようということでもあります。

 

誇大広告を規制するという流れに関してはなるほどなと思う反面、ライザップのようなダイエット業界の場合はビフォーアフターがなければ説得力が出ないという切実な問題もあると思います

 

今のライザップのCMは『ゲインロス効果』なども使って効果的に見せていますが、そういう効果を使わずに普通にビフォーアフターを見せるくらいなら規制しなくてもいいんじゃないかなというのが個人的な意見ですね。

 

今後の規制の流れは注目していきたいと思います。(2018年7月現在)

ライザップの過去の改善例とは?

ライザップといえば30日間無条件での返金保証ですが、数年前までは無条件ではありませんでした。

 

具体的に言うと2015年6月に無条件での返金にルール変更されたことになります。

 

それ以前のライザップは広告では「内容に満足できない場合は全額返金する」としていたものの、実際にはライザップ側がジャッジして全額返金するかどうかを決めるというものでした。

 

また、CMでの表現が効果を保証しているように受け取られかねないということで、兵庫のNPO法人から指摘を受け、改善を求められていました

結果として、引っ越しなどの自己都合の場合も全額返金対象になるなど、一連の指摘を受けて大きくライザップのルールが変わったことになります。

 

ライザップは返金されないという記載もネット上で見受けられますが、それは2015年6月以前に書かれた内容だと思います。

 

現在のライザップは30日以内であれば無条件で全額返金保証がついていますので、万が一合わない場合も払い損にならずにすみます。

 

30日間の全額返金を実施しているプライベートジムは多いですが、無条件でというライザップは他のプライベートジムよりも手厚いことは間違いありません。

過去のやり取りがあったからこそ今のライザップの制度になったことは間違いないと思いますし、これから利用するかもしれないあなたにとってはメリットしかないですよね(^^)

ライザップのビフォーアフターまとめ

ライザップのCMではビフォーアフターにゲインロス効果を使うことでダイエットの成果を消費者に効果的に見せています。

一方で、他の美容整形などのよろしくない業者が原因ではありますが、ビフォーアフターの掲載を禁止する流れができつつあります。

 

『今なら〇万円~』と宣伝しておいて実際は数十万円請求されるような業者を規制するというのは賛成ですが、ダイエット業界でビフォーアフターを禁止ということになると視覚的に効果をアピールできなくなるんじゃないかと思いますね

ダイエット業界でどの程度規制されるかは今後の動向に注意していきたいと思います。

 

ただ、過去に改善指令などがあったからこそ今のライザップは30日間無条件での全額返金制度ができたという例もありますので、消費者にとってプラスになる改善であればあってもいいのかなと思います。

 

 

30日間全額返金を制度にしているプライベートジムは多いですが、無条件での全額返金保証は全国展開しているプライベートジムではライザップしかありません。

多くのプライベートジムで採用されている全額返金制度は痩せなければという条件が付いていますし、自己都合の場合は制度の対象外になります。

 

ダイエットしないといけないとは分かっていても、なんとなく日々をポッコリお腹と一緒に過ごしてしまっているあなた。

無条件の全額返金制度があるライザップでダイエットをはじめてみませんか?

 

スリムな体型を手に入れると様々なプラスの効果が期待できますので、高い金額を出すだけの価値はあると思いますよ(^^)

ライザップでダイエットを頑張ってみる
(30日間無条件全額返金保証)


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です