エススリーのプロテインは高額?プロテインとの上手な付き合い方とは?ライザップとも比較してみた

Pocket

ライザップほどじゃないけどエススリーのプロテインも高いと感じる
なるべくプロテイン代を抑えたい
ダイエット終了後もプロテインを継続するかもしれないのでコスパを重視したい

 

 

エススリーでダイエットを頑張りたいけど、勧められたプロテインが割と高額なのでダイエット終了後の継続まで考えるとコスパ優先のプロテインの方がいいと思う方もいると思います。

 

エススリーのプロテインは1か月分が1万円くらいとそれなりの金額になりますので、ダイエット後のことまで考えると続けられるか微妙なラインでしょう。

 

エススリーのプロテインに代わるものはあるのか?そもそもプロテインとは何ぞやというところからくわしく紹介していきます。

エススリーではトレーニング後のプロテインが1杯無料

エススリーではトレーニング後のプロテインを1杯無料で貰えます。

トレーニングで傷ついた筋肉細胞を修復して、トレーニング前より筋肉がついた状態にするにはトレーニングの後に飲むタイミングがベストなのでこれは嬉しいですね。

 

トレーニングで筋肉の細胞が傷つくというのは当然なのですが、その後45分以内がプロテインを摂取すべきゴールデンタイムと呼ばれています。

運動後にプロテインを摂取して筋肉を形成することをタンパク質同化作用といいますが、そのタンパク質同化作用が高い水準をキープするのが運動後45分までなんですね。

 

45分経過してしまうと筋肉を形成しやすい時間ではなくなり、2時間経過すると普段のフラットな状態でプロテインを飲むのと変わらない程度になってしまいます

 

せっかく厳しいトレーニングで汗を流して頑張ったのですから無駄にしたくないですよね?

 

この45分ルールはダイエット期間終了後にあなただけで体重キープするときにも覚えておくべき人体メカニズムです。

負担にならない程度にトレーニング時間をつくって、その45分以内にプロテインを飲む。

 

シンプルですが非常に効果が高いのでおススメです。

ライザップほどじゃないけどエススリーのプロテインも高くない?

ライザップのプロテインが3万3000円くらいなので、それと比較すると安いエススリーのプロテインも1か月分で1万円します。

 

ダイエット期間中のみと割り切るなら本家のおススメなので利用するのはありだと思いますが、ダイエット終了後に継続利用しようと考えている場合、ちょっとお高いかなという印象です。

 

「なんでダイエット終了してまでプロテインを飲まないといけないの?」とあなたは思うかもしれませんね。

 

別にプロテインを継続利用する必要はないんですが、リバウンドせずに体重をキープすることを考えるとプロテインを飲み続けていた方が楽に現状維持できるということです。

ダイエット後の体型キープのためにコスパのいいプロテインをということなら1か月分2600円のビーレジェンド(be LEGEND)あたりがいいんじゃないかなと思いますね。

 

ダイエット期間中はプロテインの質にこだわってもいいと思いますが、継続利用できる範囲内の出費かどうかを考えると、私の金銭感覚ではこのくらいなら気にならないかなというところです。

 

もうちょっと出してもいいかなという方はDNS プロテインホエイ100というボディビルダーも利用しているプロテインなんかがいいと思いますね。1か月5000円弱です。

 

そもそもプロテインとは何ぞや?

プロテインとは文字通りタンパク質のことですw

 

タンパク質と言ってしまえばそれまでなんですが、このたんぱく質を食事だけで効率よく筋力アップする水準まで摂取するのは大変なんですね。

 

1日に成人男性が必要とするタンパク質をステーキだけで摂取しようとすると700グラム卵換算だと20個必要で、タンパク質以外にもカロリーとして結構な量摂取してしまうことになるんです

また、ステーキ換算で700グラムというは特に運動とかをしてない状態で必要な量がこれくらいということですので、ガッツリとトレーニングして筋肉細胞に傷がたくさんある場合はもっと多くの量を摂取する必要があります。

 

トレーニング後にカロリーをカットしつつ、しっかりとタンパク質を摂取する手段としてプロテインが重要なことがお分かりいただけましたでしょうか?

プロテインの単距離ランナーと長距離ランナーを使い分けよう

プロテインはどの原料から作られたものかで3つに分類することができます。

 

乳清を原料としたホエイプロテイン

 

牛乳を原料としたカゼインプロテイン

 

大豆を原料としたソイプロテイン

 

これら3種類のプロテインなんですが、ホエイプロテインは摂取してすぐに作用するものの持続力はない短距離選手

ガゼイプロテインソイプロテインは持続力があるものの吸収されるのもゆっくりなので長距離選手のイメージです。

それぞれに特徴がありますのであなたの目的に合わせて使い分けるようにしましょう。

3種類のプロテイン、それぞれの特徴

ホエイプロテインは運動直後に摂取して筋肉量アップにつながるのでボディビルダーの方で愛用されている方も多いです。ある意味一番有名なプロテインだといえるかもしれません。

 

デメリットとして、若干値段が高いことが挙げられるので、プロテイン含有量を抑えることで価格を抑えている商品もあります。

 

プロテイン含有量はコスパを考えた時に重要なファクターなので、アマゾンの評価なども参考にしつつ費用対効果のいいものを選ぶといいでしょう。

 

カゼインプロテインは体に吸収されるのに7~8時間ほどかかり、腹持ちがいいプロテインとして有名です。

 

この吸収の遅さは、血中アミノ酸濃度を長時間基準値より高く保つことができるスタミナタイプということですので、そう点はメリットになります。

 

運動直後に摂取するプロテインとしては向いてませんが、休養日に摂取するプロテインとしては向いているといえるでしょう。

 

また、就寝前に飲むプロテインとして利用されることも多いです。

 

ソイプロテインもカゼインプロテインと同じく長距離選手に分類されます。

カゼインプロテインは牛乳由来ですが、ソイプロテインは大豆由来なので大豆イソフラボンを摂取することができる点で美容目的で使われる方もいます。

 

また、他の2つは動物性であるのに対し、ソイプロテインは植物性である点で違いがあります。

 

ソイプロテインに含まれる大豆ペプチドは体にとってもプラスですので、選択肢の1つとなりえるでしょう。

エススリーのプロテインまとめ

エススリーではトレーニング後のプロテインが1杯無料です。

 

トレーニング後45分以内というゴールデンタイムにプロテインを摂取できるのでこれは嬉しいところです。

 

一方、ライザップほどではありませんが、エススリーのプロテインも月1万円ほどになるのでそれなりに高額です。

 

ダイエット中であれば本家のプロテインを使用するのもありだと思いますが、ダイエット後も継続使用したい場合ですと月1万円はちょっと高いかなと私の感覚だと思ってしまいます。

 

ダイエット後の体型キープという利用目的なら1か月分2600円のビーレジェンド(be LEGEND)あたりがおススメです。

 

3種類のプロテインの特徴を紹介しましたが、3つ全てが含まれているハイブリッドプロテインも森永製菓からマッスルフィットプロテインプラスという5000円くらいのがあるので、3種類とも摂取したいという方は採用してもいいかもしれません。

 

プライベートジム各社のプロテインが気になって検索してきているあなたはきっとプライベートジムでのダイエットを考えているのだと思います。

プライベートジムでダイエットして大きな成功体験を手に入れてみませんか?

 

プライベートジムではダイエットに成功して人生を謳歌している先輩達がたくさんいますよ。

 

託児所付きのエススリーでダイエットを頑張ってみる

 

 

【24/7 ワークアウト】でダイエットを頑張ってみる


 

 

ライザップでダイエットを頑張ってみる
(30日間無条件全額返金保証)


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です