エススリーのトレーナーってどうなの?ライザップのトレーナーと比較してみた

Pocket

ボディメイク全国大会上位のトレーナーがいるってほんと?
エススリーとライザップではトレーナーの雇用形態が違う?
エススリーは女性トレーナーが多い?

 

 

プライベートジムのトレーナーは、ニコニコしつつも時に厳しく私達を指導してくれます。

 

しかし、プライベートジムのトレーナーというのは職業としてどういう待遇になってるのか気になりませんか?

 

今回は、プライベートジムのトレーナーを職業という切り口や、女性トレーナーが店舗に在籍してるかどうかについても考察します。

エススリーにはボディメイク全国大会上位のトレーナーがいる?

エススリーのメソッドはは元々、ボディメイクのスペシャリストである葉英禄さんが作成したものですので、エススリーのトレーナーの中でもボディメイクの大会で優秀な成績を残している方が多いです。

 

葉英禄さんは2014年ベストボデイジャパン/マスターズクラスで優勝されています。

ライザップのトレーナーも採用率3%という狭き門をくぐってきた優秀な人材が多いことで有名ですが、エススリーのトレーナーもボディメイクのスペシャリストが多いんですね。

 

高額な出費をするわけですから、教えてくれる側にもプロとしてのクオリティの高さをどうしても求めてしまいます。

ライザップではボディメイクの大会あり。エススリーのトレーナーも参加するの?

ボディメイクの大会と聞いてもピンとこない方も多いのではないでしょうか?

 

ボディメイクの大会は番号をつけて順番に舞台上でポージングをして優劣を競うものです。

 

イメージとしてはボディビルダーの大会に近いものがありますが、求められる体の種類が違うんです。

ボディメイクの大会は日本中でいくつか開催されているんですが、細マッチョを競うものメンズアスリートモデルへの登竜門的なものなど求められる体型は様々なものがあります。

 

賞金などは基本的にでないので、プライベートジムのトレーナーをしながら大会への参加をする人も多いという訳です。

 

上記のエススリートレーナーはこのタイプですね。

 

また、ライザップでは入会と同時にライザップが主催するボディメイクの大会にエントリーすることが可能です。

 

この大会で優秀な成績を残した方はCMに出たりもしてますね。

 

ライザップのボディメイク大会にはベストチェンジ部門というビフォーアフターの差を競う部門もあるんですが、成績上位者の体型は圧巻の一言です。

芸能人や歴代CMモニターの参加など、エンターテイメントとしても確立されている点も評価できますね。

 

そういう舞台で評価されたいから頑張る、というのもモチベーション維持の為にいいと思いますし、ボディービルダーの大会のような選ばれし者じゃなくてもチャンスがあるということは大きいと思います。

 

体型の完成度では既にマッチョな常連には勝てないでしょうが、ベストチェンジ部門など様々な分け方がされているので誰にだって挑戦権があるといえます

重度の肥満の人にとって自身の体型はコンプレックスの塊でしかないかもしれませんが、ベストチェンジ部門のように変化量を競う場合は、落とせる脂肪があるということがメリットでしかないというのもある意味面白いなと思います。

 

ボディメイクの大会を開催しているのはプレイべーとジムではライザップだけみたいですが、他のプレイべートジムでも似たような大会を開催してくれたらやる気アップにつながるかもしれませんね。

エススリーとライザップでは企業の形態が違う?トレーナーの立場から見るとどうなのか

まず、エススリーは企業の形態としてフランチャイズ形式で増えていきます。

 

ライザップは100店舗以上全てライザップの直営店のみです。

 

フランチャイズといえばコンビニやファーストフード、お弁当屋さんなどが思い浮かぶと思いますが、トレーナーの立場からすると雇用主が変わってくるということになります。

ライザップで働いているトレーナーの雇用主はライザップですが、エススリーの場合はフランチャイズオーナーが雇用主になるわけですね。

 

フランチャイズオーナーが毎月本部にロイヤリティーを支払いながら経営しているので、オーナーの手腕もその支店がうまくいくかどうかに大きな影響を与えることになります。

 

フランチャイズという形態によるものかどうかは分かりませんが、エススリーでは梅田店、心斎橋店、京都店など、閉店してしまう支店が多い印象がありますね。

2018年6月時点でエススリーの支店は関西にないのがネックですが、もう一度関西に進出して全国展開を目指してほしいと思います。

 

トレーナーの給与面ですが、普通のジムと違ってセッションを受け持つごとに歩合制で給料が増えていく仕組みになります。

 

ライザップの場合時給910円+歩合で合計25万円くらい、ワークアウトは20万円+歩合で合計25万円くらいになるみたいですね。

 

エススリーの場合、トレーナーの雇用主はオーナーになるので若干幅があるかもしれません。

 

いずれにしても、プライベートジムのトレーナーはセッションを受け持つことで貰えるセッションフィーによってお給料が左右されるということだけ覚えておいてください。成績によっては昇進も見えてきます。

プライベートジムでやたらと強く継続をすすめてくるトレーナーがいたら「この人も生活かかってるんだなぁ」とか色々見えてくると思いますよ。

エススリーは女性トレーナーの割合が多い?

例えばライザップの新規店舗の場合は女性トレーナー不在ということもあると思いますが、託児所付きなど女性向けアピールをしているエススリーの場合、店舗数の少なさも相まって1店舗に1人は女性トレーナーがいるんじゃないかなと思います。

 

1店舗に1人しか女性トレーナーがいない場合、女性トレーナーの予約の取り合いになることもあるみたいなので、事前に最寄店舗に女性トレーナーがいることを確認して、その女性トレーナーが予約をちゃんと取れる相手だということは無料相談の時に聞いておきたいですね。

 

パーソナルジムは1対1でトレーニングしますので、なるべく気を使わない同性同士の方が楽だという方も一定数いらっしゃるんですが、トレーナーは基本的に男性の方が割合として多いので、希望を言わないままにしてしまうと男性トレーナーになる可能性が相当高いでしょう。

女性トレーナーをつけてほしい場合は、無料相談やカウンセリングの段階でしっかり伝えるようにしましょう。

エススリーのトレーナーまとめ

エススリーはボディメイクのスペシャリストである葉英禄さんが作成したメソッドでプログラムが組まれているのでボディメイクに特化したプライベートジムです。

 

ボディメイクの全国大会成績優秀者を何人も排出している実績もあり、安心感があります

 

ただ、ライザップのようにボディメイクの大会を開いたりしていないので露出度という意味では控えめです。

 

エススリーは新店舗を増やすときにフランチャイズ形式を取っているので、どういうオーナーが新店舗の雇用主になるかということも大きなポイントになると思います。

 

コンビニだとほとんどバイトしかいないので利用者から見ると直営店だろうがフランチャイズだろうが特に気にも留めない点なんですが、プライベートジムの場合そうもいきません。

 

関西に出店した店舗が全部閉鎖というある意味での脆さは、エススリーが新店舗をフランチャイズ形式で増やしていてることも関係してる気がしないでもないです。

ただ、個人的にはエススリーには関西で店舗を展開して、全国のどの都道府県にいる方でも利用しやすい組織に成長して欲しいなというのは思いますね。ノウハウは蓄積してくると思うので今後に期待です。

 

ライザップは元々富裕層を対象にしたビジネスですが、エススリーは託児所を付けたりして女性をターゲットにしており、ライザップより負担の少ない額で通えるプライベートジムなのは間違いありません

関西圏ではエススリーの店舗がない(2018年6月現在)ですが、最寄にエススリーがあるならライザップと比較してみて、あなたにとってよりメリットの多い方を選ぶべきです。

 

それほどお金に余裕があるわけじゃないけど、エススリーでダイエットを頑張ってみたいあなた。

エススリーでダイエットを頑張ってみませんか?

 

 

託児所付きのエススリーでダイエットを頑張ってみる

 

 

 

お近くにエススリーがない場合はライザップも選択肢に入れて考えてみましょう

 

ライザップも選択肢に入れて考えてみる
(30日間無条件全額返金保証)


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です